2017年03月17日

米通商代表は「日本が第一の標的」とは言ってない

日本のメディアは通商代表部のライトハウザー代表がで3月14日アメリカ上院の公聴会で「農業分野の市場拡大は、日本が第一の標的になる」と言ったと一斉に報じています。

「日本が第一の標的」とは穏やかではありません。トランプ大統領に好意的な私もやはりアメリカのやることは変わらないなと思いました。安倍首相が訪米したときに見せたのは表の顔で裏の顔は別。日本に対しては無理難題を突き付けてくる、今までのアメリカとやはり変わることはないかと思いました。

それは日本の農業にはいろいろ問題はあるでしょう。しかし自国農業を保護する政策はどこの国でも取っています。人はカネがなくてもすぐ死にはしませんが水と食べ物がなければ1か月と生きられません。ですから自国農業保護は国の安全保障の立場から世界中全ての国に認められている権利です。同時に本来国民を守る政府の当たり前の義務です。自衛のための武力行使が憲法より上位にある自然法で全ての国に認められているのと同じことです。

ところがこの人の命に関わる問題を経済合理性で議論する愚か者がいます。カネの問題ではないです。いくらカネがあってもきれいな水が飲めずに安全な食品を食べられなければ何の意味もありません。自民党の農業問題担当の某議員は日本の農産物に付加価値を付けて輸出競争力をつけるのが農業改革だなどと申しています。まだお若いのにもうボケているようです。

そうはいっても物事には程度ということがあります。他国に比べて日本が飛びぬけて大きな農業保護をしているのなら他国から文句を言われても仕方ないかも知れません。しかし事実は他国の保護の方が大きいのです。農家収入に占める政府補助の割合は日本では15%前後といわれています。これがフランスや英国では90%だそうです。ですから農家は実質公務員だとさえ言われています。米国でも日本の倍以上の補助が行わているそうです。ならばアメリカから日本のやり方が不公正などと言われる筋合いはこれっぽちもないのです。貿易取引の議論としても補助金でコストを下げた価格で日本にダンピング輸出するのは不公正だ、と反論すれば終わりの話です。

さてブログ主は日本のメディアを信じないのでライトハウザー代表の発言の原文を調べてみました。
http://www.japantimes.co.jp/news/2017/03/15/business/ustr-pick-lighthizer-signals-push-open-japan-farm-market/#.WMtRI-m1vVI

Robert Lighthizer, nominee for U.S. trade representative, indicated that the United States will push Japan to further open its agriculture sector in planned bilateral negotiations.
“I would list, of course, Japan as being a primary target for a place where increased access for agriculture is important,” Lighthizer said Tuesday during his Senate confirmation hearing.
後段が「日本が第一の標的」と報じられた部分です。私の大学受験レベルの和訳では以下のようになります。
「農産物の市場拡大が重要な地域として、私はもちろん日本を高い価値のある目標(標的)にあげます。」
産経新聞は他と違いprimaryを「最優先な」と訳しています。日本が第一の標的との発言では穏やかではありませんが上の訳なら目くじらをたてる程でもありません。日本への市場拡大は重要だと言っているにすぎないからです。もし日本が第一の標的と言いたいならtop targetとかno.1 targetとかの言葉を使うでしょう。

日本のメディアの意図はみえみえです。私もつい騙されそうになりました。狙いはトランプ政権に対する日本の国民感情にマイナスイメージを植え付けることでしょう。あるいはメディアの期待する?通りになるかも知れません。トランプ政権が日本に理不尽な市場開放を迫る可能性はあるでしょう。楽観はできません。かってロンヤスの蜜月を演じながら裏では強硬な通商交渉を迫ったレーガン政権の時代もありましたから。

しかしトランプ政権は違うのではないかと期待しています。根拠はトランプさんの哲学です。トランプ大統領はその就任演説でアメリカファーストを唱えました。しかし他国に同じ権利があることを同時に言っています。そのことはあまり注目されていません。トランプ嫌いのメディアが意図的に隠しているのかも知れません。なぜならアメリカファーストの言い放しなら独善的な人物に印象づけられます、しかし他国にも同じことをすることを望むという下りと一体の発言だととても公平な考え方になるからです。おそらくこれはトランプさんの哲学なので今後も変わらないと思います。

ですから仮にトランプさんの部下であるライトハウザー代表が筋の通らない市場開放を求めてきたとしてもおそれるには足りません。そのとき日本は自国の市場が公正だなどと主張する必要はありません。農業保護が行われていて他国からみれば不公正であることを堂々と認めるべきです。それで工業製品の交易条件が不利になってもやむ負えないのです。カネより命なのですから。農業保護は万国に認められた権利なのでそれをアメリカは否定できません。否定すればトランプさんの哲学に反することになります。
posted by woodhome at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

TPP脱退、トランプさん本当にありがとう

トランプ新大統領は公約どおり就任日にTPPからの脱退を宣言し、23日に正式に文書に署名しました。トランプ大統領はやることが早くブレません。

 多くの日本人は自由貿易の信奉者です。日本経済は自由貿易によってその最大の恩恵を受けていると信じています。特に日本人として先の大戦の起因となったブロック経済=戦争の道というトラウマがあります。従って保護主義はひどく嫌われています。ただ日本が戦争に追い込まれたのは貿易の保護主義化ではありません。石油の売り止めです。貿易の遮断。これでは日本は死ねと言われたようなものです。

保護主義につきものの関税とは要するに所場代です。相手国の市場にモノをうるときに相手国に払う所場代です。従って自由貿易と保護貿易との違いは所場代を払うか否かの違いであるといえます。つまり保護主義と自由貿易との違いはコストだけの問題です。自由に交易できることは変わりません。もし貿易相手国の2国が互いに同じ関税を設けた上で交易したとすればどうなるでしょう。両国は同じだけの関税収入を得るので両国政府の国庫は潤います。一方両国の事業者は同じだけの関税を払わなければなりません。

ここに自由貿易と保護貿易の違いが端的で現れています。つまりTPPなどの自由貿易協定の受益者は事業者であるということです。多国籍企業あるいは無国籍企業です。そして今日はっきりしているのはこれらグローバル企業が儲けた富がごく少数の人間に集中していることです。少数の権力者に権力が集中する共産主義と全く同じ構図です。
極めて不健全かつ危険な状態です。

自由貿易によってグローバル企業が利益を得、それが国の利益にも国民の利益にもならないのならこれに反対するというのがトランプさんの立場です。正論と言うべきです。彼は交易を否定しているのではありません。米国の市場でモノを売りたいなら売るのは自由だけど所場代を払え、と言っているにすぎません。

選択肢は自由貿易か保護貿易ではありません。フローバル企業が儲けるのが良いかそれとも国が儲けるのが良いかの選択肢です。これをグローバル企業だと答えるなら安倍さんあなたは愛国者ではありません。金持ちの代理人になってしまします。国の主権を半分制限するようなTPPはグローバル企業を利するだけ。国と国民のためになりません。日本もトランプ大統領によってほぼ救われそうです。本当にありがとう。

トランプ氏はTPPに代わる2国間のETAを個別に交渉するつもりのようです。彼が想定するETAでは相手国が約束を守らない場合は30日後失効の条件を付けるそうです。公正で合理性を好む人物であることがわかります。
posted by woodhome at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

欧米は昔から文化的先進国ではない

私のよく読む「中杉弘の徒然日記」http://ameblo.jp/nakasugi-hiroshiの本日の記事でイギリスの旅行家イザベラ・バードの話が載っています。イザベラ・バードが朝鮮を旅行したとき彼女か旅行したした国のうちで最も不潔な国だと記したことは前から知っていました。ところがその不潔だと言っているイザベラ・バードの母国である約200年前のイギリスでもトイレはおまるを使い汚物を窓から道路に捨てていた、というのです。これは初耳です。

本当か?と思いネットで調べてみましたが間違いないようです。写真や当時描かれた絵などの記録が残っています。ロンドンやパリの通りは人と家畜の汚物が散乱して相当不潔だったようです。

へえーと思ってしまいました。今を生きている我々には欧米は先進国というイメージが頭にこびりついています。おそらく多くの人は産業革命以降発展した欧米は文化的経済的政治的軍事的に、つまり全ての面で先進国であり明治以降日本は驚異的な努力によってやっと追いついたというようなイメージをお持ちだと思います。最近は江戸時代を再評価される情報が発信されていますが明治維新前の日本は文明的に世界で遅れた国であったという固定観念を覆すところまでいっていないと思います。

ところがです。その頃日本はどうであったか?町の清潔さという点で圧倒的に進んでいました。排便する空間としてカワラと呼ばれる個室が住居に設けられ、人前で用を足すようなことはありません。汚物は汲み取られ肥料として再利用されました。汚物→農作物→消費→汚物の経済循環が機能するシステムです。このシステムは当時の世界の中で最先端の環境技術といえます。カワラが掘っ立て小屋のようなものであっても個室で用を足していたことに変わりなくそういう意味ではこのシステムは日本の有史以来のものであるといえるかも知れません。なぜなら日本の古い書物に汚物を道に捨てるとか町が汚物まみれになっている、といった記述は一切お目にかからないからです。

こうした日本の古来よりの伝統の延長線上に今日我々が利用している水洗トイレがあります。日本発祥の温水トイレは快適すぎます。昔のポットん便所に戻りたいという人はほとんどいないでしょう。しかし汚物処理の環境技術という側面から見れば昔の日本のシステムのほうが現在より優れているでしょう。現在の下水システムで下水汚泥の再利用率(埋め立て用途を含む)は約70%らしいです。おそらく外国に比べて高い水準にあると思います。それでも昔の100%に遠く及びません。それほど完成度の高い技術を日本という国は古来より持っていたのです。あらためて先人の偉大さを感じます。

一事が万事ということがあります。少なくとも200年前までロンドンやパリでは自らが日々排出する汚物に悩まされる社会だったのです。汚物が散乱し一日中悪臭が漂っていては他に何があっても文化的な生活は送れません。おいしく食事を味わえない、きれいな空気も吸えない。そういう生活のどこが文化的なのでしょう?それでは金があってもどんなに建物が立派でも意味ありません。欧米=先進国は我々が勝手に思い込んだ刷り込みに違いありません。
posted by woodhome at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする