2017年04月20日

歴史の本質

歴史学者は史実に詳しいけれどその史実が今を生きる個人にどういう意味があるのかその本質を語りません。歴史の一番大切なところを素通りしています。学校でも歴史を知ることの意味を教えません。史実を知ること、記憶することと同義になっています。だから面白くありません。教材にウソが混入していればお手上げです。インテリといわれる人ほど「日本は無謀な戦争をした」などという戦勝国が仕組んだ歴史観を信じ込んでいます。いい年になっても刷り込まれた歴史観から抜け出せません。あの時代の日本人だけ突然凶暴になって他国を侵略した、などというのはあり得ないのです。
 
 歴史を学ぶ意味は「どうしてお前はここにいるのだ?」の疑問を解決するためにあると私は思っています。私は父母の子であり父母はまたその父母から生まれ・・・とどこまでも遡れる連鎖の末尾に自分がいます。これは絶対的な事実です。そのため私が好むと好まざるに関わりなく私は祖先からその全部の資質を受け継いでいます。ですからどうして自分がここにいるのかを知るには歴史を知ればわかると思っています。自分は先人の投影ですが同時に先人は自分の投影でもあります。残酷なことを極度に嫌う自分の投影である先人が南京大虐殺などする筈のないことが仮に証拠がなくともわかります。
 
 さて私は中杉さんのブログの愛読者ですが本日の記事は歴史の本質について語っています。読んで目を開かされる思いをしました。是非みなさまにもお読みいただきたい気持ちになりましたのでご紹介したいと思います。
 http://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/entry-12266716363.html#cbox
 

posted by woodhome at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

森友問題、安倍首相いい子ぶって墓穴を掘る

 昨日森友学園の籠池氏の国会証人喚問が開かれました。昨日からメディアはこのニュースでもちっきりです。籠池氏の証言で注目を浴びている100万円の寄付があったかどうかなどどうでもいいような問題ではないのですがこれが大問題になっているのは安倍首相自らタネをまいたからです。

 さる2月17日の予算委員会で安倍首相は国有地の払い下げに「自分も妻も関与していない。もし関与していたら総理大臣はおろか国会議員もやめる」と誠に思慮に欠いた発言をしました。ただ関与していない、と否定すれば良いだけなのに言う必要のない重大な言葉を口にしました。一度ならず二度も。これでこの問題は単なる国有地売買疑惑から内閣を揺るがす政治問題に一挙に格上げされました。何しろウソなら首相を辞めると言うのですか。首相は国有地の売買に対する関与と限定を付けているのですが攻める野党はそのような限定を無視しています。つまり森友学園に対する関与があれば辞めるに問題を挿げ替えています。メディアもそのような流れをつくっています。おまけに官邸も追随しています。100万円の寄付はなかったと早速菅官房長官が発表するなど森友との関係がなければシロのような対応です。

昭恵夫人は籠池氏の証人喚問の直ぐあとフェイスブックで100万円の寄付はしていないと反論しているそうです。
引用すると
「私は、籠池さんに100万円の寄付金をお渡ししたことも、講演料を頂いたこともありません。この点について、籠池夫人と今年2月から何度もメールのやりとりをさせていただきましたが、寄付金があったですとか、講演料を受け取ったというご指摘はありませんでした。私からも、その旨の記憶がないことをはっきりとお伝えしております。」
ここで私がひっかかるのは「記憶にない」という言い回しです。寄付金については最初に話が出た先週にも昭恵夫人は否定しているのですが、同じように記憶がない、という言い方をしています。 

日本語はとても微妙です。寄付したことがないのならどうして「寄付していない」と言わないのでしょう。私は安倍夫人に悪意を持つ人間ではありませんが、これでは寄付があった可能性が高いと感じます。記憶にないは覚えていないと同語です。半年前に大切なお金を寄付したかどうか覚えていないということはありえるでしょうか?ボケでいないかぎり。しかしそれは本来どちらでもよい問題です。仮に寄付したのが事実であっても安倍夫人という首相とは独立した人物が自分の金をどう使おうと最終的には個人の自由ということになるでしょう。寄付金が問題になっているのは自ら問題にしているからです。

そもそも安倍夫人が森園学園に関与していました。夫人を通して広い意味で安倍首相が関与していたのも事実でしょう。これは事実ですから否定できませんし否定する必要もありません。それなのに否定するという無理筋を通そうとしています。そしてどうでもよいことを大問題にしてしまいました。

我々は政治家が人格者であることを望みません。多くの人はわかっているのです。清廉潔白が取り柄の政治家など何の役にも立たないことを。政治の本質は利益の分捕り合戦なのですからそれも当然です。 国民の利益のために優先度の低い犠牲を決断できない政治家など必要ありません。ところがほとんどの政治家は人から尊敬されたい、いい人と見られたいという誘惑に勝てません。つまりいい子ぶりです。安倍さんも例外ではないようです。籠池氏が問題のある人物であるということがわかると自分はそのような人と関わるような人物ではないと言い出しました。いい子になりたい誘惑を押さえられないのです。だから反安倍勢力がかけたこんな罠にはまるのです。
posted by woodhome at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

米通商代表は「日本が第一の標的」とは言ってない

日本のメディアは通商代表部のライトハウザー代表がで3月14日アメリカ上院の公聴会で「農業分野の市場拡大は、日本が第一の標的になる」と言ったと一斉に報じています。

「日本が第一の標的」とは穏やかではありません。トランプ大統領に好意的な私もやはりアメリカのやることは変わらないなと思いました。安倍首相が訪米したときに見せたのは表の顔で裏の顔は別。日本に対しては無理難題を突き付けてくる、今までのアメリカとやはり変わることはないかと思いました。

それは日本の農業にはいろいろ問題はあるでしょう。しかし自国農業を保護する政策はどこの国でも取っています。人はカネがなくてもすぐ死にはしませんが水と食べ物がなければ1か月と生きられません。ですから自国農業保護は国の安全保障の立場から世界中全ての国に認められている権利です。同時に本来国民を守る政府の当たり前の義務です。自衛のための武力行使が憲法より上位にある自然法で全ての国に認められているのと同じことです。

ところがこの人の命に関わる問題を経済合理性で議論する愚か者がいます。カネの問題ではないです。いくらカネがあってもきれいな水が飲めずに安全な食品を食べられなければ何の意味もありません。自民党の農業問題担当の某議員は日本の農産物に付加価値を付けて輸出競争力をつけるのが農業改革だなどと申しています。まだお若いのにもうボケているようです。

そうはいっても物事には程度ということがあります。他国に比べて日本が飛びぬけて大きな農業保護をしているのなら他国から文句を言われても仕方ないかも知れません。しかし事実は他国の保護の方が大きいのです。農家収入に占める政府補助の割合は日本では15%前後といわれています。これがフランスや英国では90%だそうです。ですから農家は実質公務員だとさえ言われています。米国でも日本の倍以上の補助が行わているそうです。ならばアメリカから日本のやり方が不公正などと言われる筋合いはこれっぽちもないのです。貿易取引の議論としても補助金でコストを下げた価格で日本にダンピング輸出するのは不公正だ、と反論すれば終わりの話です。

さてブログ主は日本のメディアを信じないのでライトハウザー代表の発言の原文を調べてみました。
http://www.japantimes.co.jp/news/2017/03/15/business/ustr-pick-lighthizer-signals-push-open-japan-farm-market/#.WMtRI-m1vVI

Robert Lighthizer, nominee for U.S. trade representative, indicated that the United States will push Japan to further open its agriculture sector in planned bilateral negotiations.
“I would list, of course, Japan as being a primary target for a place where increased access for agriculture is important,” Lighthizer said Tuesday during his Senate confirmation hearing.
後段が「日本が第一の標的」と報じられた部分です。私の大学受験レベルの和訳では以下のようになります。
「農産物の市場拡大が重要な地域として、私はもちろん日本を高い価値のある目標(標的)にあげます。」
産経新聞は他と違いprimaryを「最優先な」と訳しています。日本が第一の標的との発言では穏やかではありませんが上の訳なら目くじらをたてる程でもありません。日本への市場拡大は重要だと言っているにすぎないからです。もし日本が第一の標的と言いたいならtop targetとかno.1 targetとかの言葉を使うでしょう。

日本のメディアの意図はみえみえです。私もつい騙されそうになりました。狙いはトランプ政権に対する日本の国民感情にマイナスイメージを植え付けることでしょう。あるいはメディアの期待する?通りになるかも知れません。トランプ政権が日本に理不尽な市場開放を迫る可能性はあるでしょう。楽観はできません。かってロンヤスの蜜月を演じながら裏では強硬な通商交渉を迫ったレーガン政権の時代もありましたから。

しかしトランプ政権は違うのではないかと期待しています。根拠はトランプさんの哲学です。トランプ大統領はその就任演説でアメリカファーストを唱えました。しかし他国に同じ権利があることを同時に言っています。そのことはあまり注目されていません。トランプ嫌いのメディアが意図的に隠しているのかも知れません。なぜならアメリカファーストの言い放しなら独善的な人物に印象づけられます、しかし他国にも同じことをすることを望むという下りと一体の発言だととても公平な考え方になるからです。おそらくこれはトランプさんの哲学なので今後も変わらないと思います。

ですから仮にトランプさんの部下であるライトハウザー代表が筋の通らない市場開放を求めてきたとしてもおそれるには足りません。そのとき日本は自国の市場が公正だなどと主張する必要はありません。農業保護が行われていて他国からみれば不公正であることを堂々と認めるべきです。それで工業製品の交易条件が不利になってもやむ負えないのです。カネより命なのですから。農業保護は万国に認められた権利なのでそれをアメリカは否定できません。否定すればトランプさんの哲学に反することになります。
posted by woodhome at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。