2019年07月01日

自主独立の絶好機に反応しない安倍政権

先の大阪G20の直前トランプ大統領はFOXニュースのインンタビューに答えて日米安保の不公平に言及しました。
日米安保は軍事同盟なのですから、第三国からの攻撃に対してアメリカだけが相手国を守る義務がある片務条約であることは明らかであり、トランプ大統領は誰も否定できない事実を言ったにすぎません。

ここに皆さまならご承知のとおり、日米安保は日本を守るためのものではなくその核心は日本をアメリカの属国に永遠に置きとどめるためのものです。
そのために占領統治法たる現憲法を制定し、二度とアメリカに歯向かえないように日本から牙を抜いておきました。これはアメリカから見た場合その国益に合致するので米国政権の一貫した政策となっています。

従って日本の過去の政権がこうした戦後体制(戦後レジーム)に手を触れることが出来なかったことには酌量の余地があります。現実にアメリカを敵に回して政治生命を維持することは何人にも不可能だからです。
この状況はアメリカが世界のリーダーとして君臨するかぎり永久に続くものと思われていました。

ところが奇蹟のような事がおこりました。トランプ大統領の出現です。
トランプ大統領は日米安保について不満を口にしています。トランプ大統領の不満は日米安保が片務的であることです。大統領は相務的でなければならない、と言っています。
大統領の意に沿うには日本がアメリカを守るために強力な軍事力を保有する必要があります。
つまり日本は今はじめて戦後レジームのくびきが逃れられる絶好のチャンスを前にしています。

さて安倍氏の政権前のスローガンは「戦後レジームからの脱却」です。安倍氏の1回目の政権は短期で終了しました。そのとき私はアメリカに潰されたと思ったものです。つまり戦後レジームの脱却を掲げる政治家がアメリカの逆鱗に触れたと考えました。
ですから政権を取る2回目のチャンスが回ってきたとき私は安倍氏に大いに期待しました。
そして2回目の政権で「戦後レジームからの脱却」という旗印をあえて表に出さない理由も理解しているつもりでした。慎重にそのチャンスを伺っているものと見ていました。
ところがトランプ大統領になってからも旗印を実現するために動く気配が全く見えません。それどころが実際にはその逆の政策に熱心です。

トランプ大統領は就任直後からアメリカ、ファースト、そして他国もそのように行動することを願う、と公式にはっきり言っています。
つまりトランプ大統領就任のときから日本が戦後レジームから脱却する機会をアメリカから与えられていました。
そして今回トランプ大統領が日米安保破棄の検討、と伝えられるような更に踏み込んだ発言があっても日本政府は無反応です。
いえ無反応ではなく否定しています。
もし日本独立の目標を持つならば、大統領の発言に対して「大統領の発言を理解する、尊重する」と言って差し支えないはずです。

折角日本の自主独立を進めるチャンスが与えられているのに何もしない。
これはどうしたことでしょう。
事実だけを元にするならこう判断する以外にありません。
安倍氏には元々「戦後レジームの脱却」の信念はなかったのです。
ではなぜそのような旗印を掲げたのか?
日本の保守層の大きな票田を手に入れること以外動機がありません。
その結果、安倍氏の親リベラル親グローバリズム政策実現のために我々保守層の票田が利用される結果になっています。

安倍氏は本来親リベラル親グローバリズム政治家だったのです。
安倍氏が公明党との関係をいつまでも清算しないことや二階氏らを重用するのは安倍氏が反保守勢力を取り込むための戦略だと保守層は考えます。
しかし残念ながら事実は逆です。
事実は安倍氏と公明党や二階氏一派とは元々親和性がとても良いのです。
彼らの意に沿う政策を実現するために保守層は逆に取り込まれているのです。

なぜ取り込まれたかというと「戦後レジームからの脱却」と標語をはじめとした安倍氏の右翼的な発言です。ただ言葉だけなのですが。それを正直者の日本人は信じるのです。
実績でなく言葉により安倍氏は保守というイメージが出来上がり、保守政治家のやることなら大目に見るという、取り込まれに無抵抗な保守層に変わってしまったのです。
政治家の価値を選挙民が判断するとき実績を元にしなければなりません。政治家の言う言葉ほどあてにならないものはないのですから。
posted by woodhome at 16:04| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください