2019年04月02日

国の借金がゼロってどんなに素晴らしいのですか?

この国の経済主流派である財政健全化派はこぞって言っています。日本の国の借金が厖大でこのままではいずれ破綻する、だから財政健全化のために消費税を上げなければならない、次世代のためにもと。
その方々に1つ質問させていただきます。

消費税を50%でも90%でも好きなだけ上げて下さい、そして早く国の借金を無くして下さい。ところで国の借金がゼロでになるとどんな素晴らしい社会になるのですか?

私は賭けてもいいです。彼らは絶対にこの質問に答えられません。
彼らは自分たちがしようとしている目標すら示せないのにただやみくもに借金を減らせと言っています。

自分が随意に作りだせないモノの返済義務を負っている状態が借金です。
自分が随意に作りだせるモノの返済義務を負っている状態が今の日本の財政状況です。
前者が借金であり後者は借金ではありません。なぜならその気になればいつでも返せるからです。
こんなこと子供でもわかりますね。
それを社会のリーダーの地位にある人物がわからない、信じがたいことです。

いわゆる国の借金とは政府と日銀を一体とした場合の帳簿で究極的にはバランスシートの右側(負債勘定)に記録された日銀券発行残高です。
わかりやすく言えばカネです。
カネはモノやサービスの富の実体の影のような存在で社会に富があってはじめてその交換価値を有します。
そこに富がなければカネは何の価値も持ちません。
当たり前です。
買えるものがなければカネなど何の役に立たないからです。
ですから国全体の富が増えれば当然その影であるカネは比例して増えていきます。
そしてカネが増えれば皆が借金と呼んでいる富の影はそれに伴って増えていきます。

通貨を論じるのにアメリカ生まれ枝の新理論MMTなど変なものをこねまわす必要はありません。現実のあるがままの状態をただそのまま認識すれば済むことです。
なんのことはありません。皆がそう呼んでいる日本の国の借金は日本の富が厖大であることを示しているにすぎません。
posted by woodhome at 14:04| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください