2018年11月07日

日本だけはなぜ移民政策をとってはならないのか?

なぜならそれによって日本文明という全人類にとっての宝を失うからです。
正直、誠実、素直、優さは日本人の美点なのですが、同時に最大の弱点です。
これらの美点は我々が努力して勝ち得たものではありません。他人と争わなくても正直、誠実であれば生きていられた、という恵まれた環境によります。先人より受け継いだ美点です。
強い種の持ち主とは例えばシナ人であり、コリア人です。彼らの特徴である嘘つき、騙す、冷酷さは日本人のそれと同じように環境的要因によります。
彼らは我々が想像できないほど生きる環境が過酷であったので生きるために手段を選んでいられなかったのです。生きるために嘘や詐欺で他人を出し抜くことが必要で、正直や誠実は身を亡ぼすことになりかねない危険な素質だったのです。
従って彼らの邪悪な性質は今を生きる彼ら自身の責任ではないとも言えます。
例えていえば日本人は正直、素直でやっていける恵まれた家の坊ちゃんであり、彼らはそんな子を言っていたら命を失う貧しい家の子なのです。
彼らの性質は長い歴史を通してDNAまでしみこんだ性質なので話せばわかるようなそんなヤワなものではありません。変わるには形成するのにかかったのと同じ時間が必要でしょう。多分数千年。だkら彼らを変えるのは不可能であることを知らなければなりません。
言い悪いの問題ではありません。DNAは一代や二代では変えられないのです

日本は弱い種ですが世界で聳え立つ文明を築き上げました。しかも他国他文明に対して一切の暴虐行為を行うことなしに。日本が支配的立場にありながら戦地の民に何も危害を加えなかった先の大戦はその証明になります。
そんな文明は世界で他に1つもありません。
ひいき目なしで日本文明は全人類にとって宝なのです。

弱い種の社会に強い種を引き込めばどうなるのか?
結果は火を見るよりあきらかです。弱い種は駆逐されるのです。
強い種を日本に引き込むということは全人類の宝を失うことです。
posted by woodhome at 17:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください