2018年10月20日

安倍政権を見切った理由

6年前安倍政権の誕生を祝福した自分が今恥ずかしいです。
私が安倍氏に見切りをつけたのは、彼が正真正銘のグローバリストであることが明らかになったためです。
国境の撤廃や自由貿易を標榜するグローバリズムは共産主義の逆とイメージされ今の日本で大きな抵抗感なしに受け入れられているようにも見えます。
しかし持てる者と持たざる者との格差を極大化し、ごく少数の持てる者が多数者の持たざる者を支配しようという構図は両者とも同じです。

よく共産国である中国が自由主義経済を導入していることの矛盾を突く学者や評論家がいます。
彼らはヘーゲルの弁証法だのマルクスの資本論だのの哲学などに囚われて物事の本質が見えていません。彼らはそれらの哲学や理論の上に共産主義があると思い込んでいます。
しかし理論や哲学は共産主義のお飾りにすぎません。彼らの目的は既存勢力から権力を奪うことにあり、その手段としてそうしたお飾りを小道具として使っているにすぎません。
「全ての価値の源泉はプロレタリア階級者の労働にある」という労働価値説は大衆を味方につけるため大衆に受け入れやすい理屈を作っただけにすぎないのです。
決して労働者のために富を公平に分配することが目的ではありません。権力を握った自らが富を独占し大衆を我が意のままに支配することが真の目的です。
過去現在の共産国の実態を見てください。ソ連、中国、北朝鮮、カンボジアのポルポトことごとくあてはまります。事実が共産主義の何であるかを示しています。
ですから共産中国のように資本主義経済の方がより大きな富を大衆が生み出しその富を自分たちが吸い上げることができると知れば資本主義経済を導入するのに何の矛盾もないのです。

さてグローバリズムとは言うまでもなく国境をなくし世界の市場を一つにすることです。そうすることによりごく少数の国際資本が世界市場で富を独占し国家を超える権力を手に入れます。世界の人々を自分たちの都合のよいように支配することがグローバリズムの最終的な目的です。共産主義と何ら変わるところがありません。共産主義もグローバリズムも格差を極大化し大衆の犠牲の上に少数者の利益があります。

安倍氏は野党党首であったときあれだけTPPについて慎重に対応すると約束していたのに、今やTPPや他の多国間経済協定のもっとも熱心な推進者です。また過去あれだけ移民政策はとらないと否定していたのに外国人人材の活用などと感度の良い呼び名に言い換えて実質的な移民政策を推進しています。この2つだけとっても彼がグローバリストであるか、またはその協力者であることが明らかになりました。
グローバリズム=共産主義であり、共に大衆の幸福を犠牲にしてごく少数者の利益を追求する悪魔の思想です。そのような考え方に与する政治家は日本のみならず世界の人々の敵と言って良いと思います。

posted by woodhome at 15:40| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください