2018年10月18日

日本の財政は100%健全、なぜ今更財政健全化?

政府は財政健全化のため消費税を10%に上げるという間違えた決定をしました。
日本の将来を憂慮する真面目な方ほど政府やマスコミが唱える「日本の財政は危機的な状態」というウソに騙されます。
しかし冷静に考えてみてください。このウソを見破るのに何も専門的な知識は不要です。普通の常識だけで充分です。

そもそもなぜ国の財政は健全でなければならないのでしょうか?
言うまでもありません。債務が厖大に膨らんでもしその債務を返済できなければ国が破産するからです。それ以外に理由はありません。
国の債務不履行を起こさないために財政健全である必要があります。言いかえれば債務不履行を起こす可能性の大小により財政の健全度が測られることになります。
債務不履行を起こす可能性が大であれば財政悪化状態であり、その可能性がゼロであれば財政は完全に健全です。それが財政健全という言葉の定義です。

ご承知のとおり日本の債務はほとんど100%が円建です。従って債務がどれだけ莫大であろうとまた仮に償還に必要な資金を充分有していなくても最終的には自ら通貨を創出することにより返済できます。つまり債務不履行を引き起こす可能性はゼロです。
この点が政府債務が問題となるギリシャやスペインなど他国との決定的な違いです。他国は生産力が乏しいため必要なものを自国で調達できないか、他国から調達するための充分な外貨を有していないため他国通貨建ての債務を負っています。
従って返済期限に他国通貨の手当ができなければ債務不履行を引き起こす可能性があります。そうならないようにするために返済能力を超える債務を増やないことが絶対的な命題であり財政は健全でなければなりません。そこを政府やマスコミは意図的にか区別しません。ケシカランことです。
 
さて借金とは返済するためのカネを自ら創出することができない債務を言います。政府やマスコミは何かといえば日本の借金は1000兆円と唱えますが、日本の場合自ら創出できるカネの債務なのであり「疑似債務」等と呼ぶのが適当でしょう。
日本の長期債務残高がGDP比236%であろうと何であろうと全然関係ありません。国が国民に負う疑似債務は100%返済可能なのであり、この意味で日本の財政は100%健全なのです。
posted by woodhome at 17:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください