2016年11月29日

開票結果が出るのに20日かかる米大統領選って?

アメリカの大統領選挙の開票結果はミシガン州を除いて翌日までに確定しました。翌日になってクリントン氏は敗北宣言をしました。勝敗は決着したと誰でも思っていたところその後未だクリントン氏にチャンスがあるとの記事がでました。接戦だったウイスコン州とペンシルベニア州の選挙に不正が行われた可能性があり票の数え直しをすればクリントン氏が勝つ可能性がある、更に正式な開票結果の出ていないミシガン州をクリントン氏がとれば同氏が逆転勝利する、というのです。

そこで私はミシガン州の開票結果に注目しました。そういう方は多いのではないかと思います。最初は1日2日でわかると思っていました。長くて数日。日本の選挙に慣れている人間にはそれ以上かかるのはあり得ません。ところ一向に発表がありません。そしてようやく今朝になって結果が出ました。トランプ氏の僅差の勝利です。結果が出るまで20日かかりました。約3週間。信じられません。なぜこんなに時間がかるのか?理由はわかりません。日本のメディアは無視していますし、私がネットで見ていたサイトではhttp://www.politico.com/2016-election/results/map/president単に結果だけしか報じていないからです。
 
 ミシガン州の結果は大きな意味を持つと思います。なぜならこれで完全にクリント氏の逆転勝利の目が消えたからです。米大統領選の最終結果はトランプ306対クリントン232。仮にウインスコン州とペンシルベニア州の結果が覆っても2州で合計選挙人30人の移動があるだけ。276対262となり、依然トランプ氏の勝利は動きません。それでもなおミシガン州の再集計を要求する?いくら何でも20日かけて綿密に集計した結果が再集計で覆る可能性はないでしょう。それにしてもこれだけのニュースを大きく伝えないアメリカや全く伝えない日本のメディアって何なんでしょうね。
posted by woodhome at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444437392

この記事へのトラックバック