2016年07月13日

「仲裁判断に法的拘束力」ってアメリカがよく言う

 昨日ハーグの国際仲裁裁判所は予想されたとおり、あるいは予想以上に中国に対して厳しい判断をしました。中国も自分達に不利な結果になることを予想していたのでしょう。判断が発表される前から仲裁裁判所など関係ない、紙くずだ、と言っていました。そして判断が出た後はこれを無視する、と喧伝しています。

 中国は国連海洋法条約の締結国です。仲裁裁判所はこの条約の定めにそって判断を下しました。その判断を無視するということは自分が誓約した決まりを自分で守らないと言うに等しいのです。なに中国なら珍しいことではないです。いつものパターンというべきでしょう。自国に都合のよいなら相手に法を守れと言い、自国に不都合なら法は間違えていると言うのです。駄々っ子と同じです。9条を金科玉条に奉っている護憲派のみなさま、隣国とのもめ事は話し合いで解決しない、ということがこれでもわかりませんか?

 今回の件で意外なことがあります。アメリカです。アメリカは今回の判断について法的拘束力と見なすべきと見解を発表しました。ならば締結国の総意で中国に圧力をかけることはできないのかと思い海洋法の締結国のリストを探しました。現在の162の締結国のリストは簡単に見つかりました。が、主要国でただ1つアメリカの名前がありません。ロシアや韓国の名前さえあるのにです。http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kaiyo/pdfs/teiketsu.pdf#search='%E5%9B%BD%E9%80%A3%E6%B5%B7%E6%B4%8B%E6%B3%95%E6%9D%A1%E7%B4%84+%E7%B7%A0%E7%B5%90%E5%9B%BD'

そう、アメリカは海洋法を批准していないのです。アメリカは世界で資源関連事業を行っていて海洋法を締結すると困ることがあるらしいのです。つまり自国の都合です。私は総じてアメリカの方がロシアや中国よりフェアだし話も通じ合えると思っています。しかしアメリカも南シナ海では自国の都合で中国に法を守れと言い、自国の資源の開発に不利になりそうな場合には海洋法を締結していないから関係ない、と言うに違いないのです。世界の国の政治家は腹黒いのが当たり前、日本の政治を担うリーダーは日本のためにそれに負けないほど腹黒く行動してほしいと思います。いい子ぶりだけはダメです。
posted by woodhome at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック