2015年10月14日

偽造資料を記憶遺産に登録とはトンマな中国

日本軍によって30万人が虐殺されたと中国が主張している南京事件がこのほどユネスコの記憶遺産に登録されたとのことです。この問題をめぐる外交戦では中国の勝ちということになりました。が私は残念に思いません。むしろ歓迎したいくらいです。以下理由を述べます。
1. 本件については立場の異なる多くの専門家の研究により事実がわかっています。シナ人による自国民に対する数回にわたる虐殺が南京事件であり(最も新しいのは昭和24年中国共産党による虐殺事件)、昭和12年の南京攻防戦では日本軍は南京住民に歓迎こそされ、住民1人殺していない。史実は虐殺と真反対です。
2. 住民1人殺していないのに(住民に偽装した便衣兵を殺したのが全て)住民30万人を虐殺したと主張する以上、中国が登録に使った資料は全部嘘っぱちであることは間違いありません。日本はゆっくりその嘘を暴くことができます。
3. つまり日本はシナの出鱈目ぶりを世界に広く宣伝するという強力な武器を得たことになります。一方国際機関に登録されてしまった以上、中国はもはや自分の都合で資料を取り下げられなくなりました。

どうですか? 裁判でも何でも衆人の目が集まるところで嘘とわかっている嘘を言うバカはいませんね。一度は騙せても事実がわかれば致命傷になりますから。これと同じことを中国は国際舞台でやっています。本当にトンマです。

今朝のニュースでは政府は対抗措置としてユネスコに対する拠出金の減額または停止を検討していると言っていました。まあ気持ちはわかります。しかしカネを出さないで終わりではあまりに勿体なくはありませんか?考えようによっては本件で日本は中国との情報戦に勝つ絶好のチャンスを得たともいえるからです。ならばユネスコにはこれまで通りカネを出します。ただしユネスコの場で日本が南京事件の資料を精査し、その結果を発表するという条件をつけてはどうでしょうか? そしてゆっくり中国を攻撃します。

posted by woodhome at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/427823616

この記事へのトラックバック