2015年08月05日

五輪エンブレム問題、パクリでも商標登録できるのに

本日午前エンブレムの制作者である佐野氏の記者会見がありました。
その内容は皆様もすでにニュースなどで知っておられると思います。
私は大会組織委員会(以下委員会)と同氏の説明に納得できません。また一部を除き核心を突く記者の質問がないのを残念に思いました。

佐野氏のエンブレムが盗作だとベルギーの団体から告発されて以来、委員会や会長の言い分は的を外れています。これまで委員会は国際商標の手続きを経ていることをもって反論しています。つまり国際商標に登録できるデザイン=オリジナルなデザインという論法です。ところが記者会見で委員会が発言しているように商標が登録できるや否やは先に申請しているかどうかなのです(先願主義)。
同じようなデザインが登録されていなければ先に出願をかけたほうが登録されます。つまりパクリでも先に申請すれば登録されるのが商標です。そこが特許等の知的所有権と大いに異なるところです。特許を取るということは新規性の証明になりますが、商標登録するということは新規性の証明になりません。そういう決まりです。

おそらくベルギーの団体が問題にしているのは商標の権利についてではありません(事実ベルギーは商標登録していない)。著作権です。著作権は登録によって権利が発生するものではありません。自動的に発生する知的所有権です。
ベルギーが著作権の侵害であると告発しているのに委員会は商標登録していると反論しているのです。赤恥ものです。

今回の五輪エンブレムで問題になっていることは、
① 盗作ではないかという疑い。
② 盗作でないとすればそれはありふれたデザインでないかという疑い。
③ デザインそのものが日本人の共感を得られないという疑い。
一言でいうとオリジナルな優れたデザインなのかどうか、ということが問題の核心です。
それに対して佐野氏も委員会も説明になっていません。また記者会見でもそこに焦点をあてた質問が少なかったです(例外は夕刊現代の記者)。
仮に同氏の言うようにベルギーのデザインを見たことがなかったとしてもすでに似たようなデザインが既に存在していた、ということはオリジナリティがないということになります。少なくとも一般の日本人の多くはそう思います。そう思われてなおこのエンブレムを使い続けるとすればそれは安倍さんの言うみんなのオリンピックに反することになります。
もし委員会が自分たちだけの内輪の都合でこのエンブレムを断念しないなら安倍さんは新国立競技場に続いてダメと言わざるを得なくなります。
posted by woodhome at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック