2013年10月10日

日本は無謀な戦争をした?ボケている小泉元首相

以下は脱原発を訴えた小泉元首相の名古屋での講演の要旨です。
以下引用のはじまり
 小泉純一郎元首相が1日、名古屋市内で講演し「原発ゼロを実現し、循環型社会を目指すべきだ」と早期の脱原発を強く訴えた。講演の内容は以下の通り。
 経済界の人と話をしていると、原発ゼロなんて無責任だと憤る声が多い。わたしはそんな中で原発ゼロを主張しています。
 放射性廃棄物、核のごみをどう処分するか、あてもないのに原発を進めていくのは無責任ではないか。先日、エネルギーの地産地消が進むドイツやフィンランドの「オンカロ」という最終処分場を視察した。最終処分場は四百メートルの固い岩盤をくりぬいた地下に埋める。それでも原発四基のうち二基分しか容量がない。そもそも今、ごみを埋めても十万年後まで人類がきちんと管理できるのか。
 日本では野田佳彦前首相が一昨年暮れに事故の収束を宣言したがとんでもない。原発は事故が起きれば人の健康や農水産物、地域への影響が計り知れない。民間会社では負担しきれない。
 原発を立地してもいいという自治体のためにどれだけの税金を使ってきたか。汚染水対策も廃炉も税金を使わなきゃできない。事故の賠償にこれからどれぐらいかかるのか。原発のコストほど高いものはない。
 第二次世界大戦で日本は無謀な戦争をして三百万人以上が命を落とした。満州(現中国東北部)から撤退していれば戦争は防げたが「満州は生命線だ」と撤退を拒否し、結局は国を焦土にした。経済成長のために原発は必要だという意見があるが、そんなことはない。戦争で満州を失っても、日本は発展したじゃないか。
 原発の代案はない、今すぐ全廃は無謀という声も聞くが、政治がはっきりと方向性を示せば代案は出てくる。
 日本人は焦土からでも立ち上がった。これという目標ができれば、官民が協力し、ピンチをチャンスに変える特性を持っている。今、原発をゼロにするという方針を自民党が打ち出せば、一挙に(脱原発の)機運が盛り上がる。(太陽光などの)再生可能エネルギーを資源にした循環型社会をつくるという夢に向かって結束できる。
 世界が必要とする安全な社会をつくるため、今はピンチではなくチャンスなんだ。
以上で引用終わり

このような発言は先の大戦で国のために戦った英霊を悲しませるものです。
歴史は細かいことをつついても大事なところがわかりません。
歴史とは既得権益勢力と新興勢力との間のせめぎあいであると捉えることができます。
先の大戦は世界の全てを独占していた既得権益者である白人勢力とその独占を脅かす唯一の新興勢力である日本との争いであるということに尽きます。
世界における白人の植民地支配がゆるぎないときに既得権益勢力からそれを脅かす存在として早くから目をつけられたのは日本の運命だったのです。

はっきりいって日本の選択は2つに1つしかありませんでした。
既得権益勢力である白人連合の子分になるかそれとも反旗を翻すかです。
もし白人国の子分になれば有色人種としては例外的に準独立国の地位を与えられたででしょう。
しかしそれでは白人の植民地支配はそれからも100年200年続いたに違いありません。
そのころ日本が世界に訴えていた人種差別の撤廃も実現することはなかったでしょう。
白人国の子分になるという選択肢を日本は選びませんでした。

日本は出る杭であったがために既得権益勢力が潰しにかかった、それが歴史の真実です。
先の大戦に至る経過をみれば歴然としております。
日本は最後の最後までアメリカとの戦争を回避しようとしました。
しかし決断を先延ばしすればするほど状況が不利になる、
100に1つの勝てるチャンスすら失われるかもしれない、という状況に至ってついに戦争を決断したのです。
決して無謀なのではありません。
座して死するより戦う意気ではじめた戦争のはずです。
戦争は政治の延長ですから結果は勝つか負けるかのどちらかだけではありません。
総合力では勝てるはずのない相手でも一時的に優位になるということは充分ありえます。
そのときうまく講和できる可能性はあるのです。
先の戦いで日本は戦争のルールを厳格に守って立派に戦いました。
これは子孫であるわれわれが誇りにしてよいことだと思います。
アジアの各地で連合軍を撃退しています。
ところがアメリカは日本の大都市空襲や2つの原爆投下など非戦闘員を巻き込む攻撃を平然と行いました。
連合軍はルール違反で勝ったようなものです。
もしスポーツなら連合軍は反則負けの結果になるところです。

日本は敗れましたが絶対にかなうはずがないと有色人種国では信じられていた強国アメリカ、イギリスやオランダなど白人強国に対して部分的に勝利しました。
このことが被植民地の国々にやればできるという勇気を与えたのは紛れもない事実です。
そしてそれらの被植民地国々大戦後次々に独立を果たしました。
もし日本の戦いが要因として働いていないなら他にどのような要因があるのでしょう。
先の大戦での日本の戦いが結果として世界の諸民族の独立を導いたのです。
そして人種差別の撤廃も実現しました。
世界の旧被植民地国に対する日本の貢献たるやはかりしれません。

どうも講演の内容からいうと小泉元首相は日本の先人に対する尊敬と理解を元々もっていなかったようです。
ならば以前からボケでいたということになります。





posted by woodhome at 17:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
元首相の発言として極めて残念ですね。

無謀であったかなかったかは日本が大東亜戦争を始めるにあたっての論点ですらないと思うところです。

既にアメリカは日本を戦争に引きずり込むことに決めており日本としては戦争は不可避であったし、日本が白人による人種差別、植民地主義に対抗しようとするならば一戦交えざるを得なかった。

国力の比較だけであれば無謀なのだろうが、無謀であれば尻尾を巻いて逃げだすことが国家としてできることであろうか?

私は、当時の人たちの判断を尊重し、戦った人たちを誇りに思うし、感謝している。

小泉氏の発言は、私の様な全てを知っているわけではないが先人を尊敬し感謝している多くの国民を愚弄するものに他ならない。
Posted by alpha at 2013年10月10日 18:46
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/377127580

この記事へのトラックバック