2013年08月21日

はだしのゲンが図書館にあること自体が問題

以下引用のはじまり
はだしのゲン閲覧制限で県内、広島から批判の声
埼玉新聞 8月20日(火)23時10分配信


さいたま市立中央図書館所蔵の「はだしのゲン」。8月は貸し出し予約が相次いでいるという
 所沢市の故中沢啓治さんが被爆の体験を描いた漫画「はだしのゲン」について、島根県松江市教育委員会が市立小中学校の図書館で閲覧を制限したことに対する批判が同市教委に寄せられている。松江市教委によると、電話、ファクス、メールなど20日までに計1867件の意見が寄せられ、大半が子どもたちが自由に見ることができなくなったことへの抗議の内容という。広島や埼玉県内でも批判の声が上がっている。

 中沢さんは新座、所沢市に住み、昨年12月に肺がんで亡くなった。今回の松江市教委の対応について、妻のミチヨさんは「40年たった今になってなぜ、と驚いています。(夫の中沢さんは)多くの資料を読み尽くし、子どもたちにとってどこまで描いていいかを考え抜いていた。戦争をきれいに描くことなんかできない。読むか読まないかは、子どもたちが決めること」と声を荒らげた。

 広島市で今年6月、「はだしのゲン」連載40周年のイベントを開催した同市の渡部久仁子さん(32)は小学校4年生の時に初めて手に取り、繰り返し読み続けている。「漫画『はだしのゲン』という作品だけではなく、読み手である子どもをもっと信じてほしい。全巻を通して読んだら、子どもたちの読んでいる姿や感想を聞いてもらえたら、理解してもらえると思う」と訴えている。

 原爆の図を描いた画家の故丸木位里、俊さん夫妻の絵を展示する丸木美術館(東松山市)の学芸員岡村幸宣さん(39)は、「悲惨なものを見なくてもいいということはない。痛みに対する想像力に年齢は関係ない。目を背けたくなる戦争が実際にあったことを知る機会を大人が取り上げることはよくない。重要なのは、戦争は人類共通の問題であり、子どもが他者の痛みを感じることができるようになることだ」と話している。

 松江市教委の古川康徳副教育長は「たくさんの批判をいただき正直驚いている。残虐な場面や暴力シーンなど子どもに誤って受け止められることがあると思った。子どもが見たいと司書に申し出れば、見ることはできる」と話し、市教委は22日に開かれる委員会で教育委員の意見を聞き、今後の扱いについて再度検討するという。
以上で引用終わり

わたしは「はだしのゲン」も中沢さんというマンガ家もこのたびの松江市の閲覧制限のニュースが出るまでも知りませんでした。
しかし数枚の画をみると中国の南京虐殺のウソをそのまま丸写しの場面があります。
それでこのマンガがどういう意図を含んだマンガかは分かります。
はっきりいってこのマンガは悪書です。
わたしは表現や出版の自由は最大限に尊重されなければならないと考えます。
しかしそれは自由な市場で流通し売買される自由です。
公の図書館が悪書を購入する自由ではありません。その購入費用は公金(税金)からまかなわれています。
公金はみんなの利益のために使われるというのが原則です。
悪書を購入することはあきらかに公益に反します。したがって松江市はこの図書の閲覧制限以前に
この書籍を購入した時点で不適切に公金を支出したことになります。
松江市教委殿 
あなた方は公の利益のためにお仕事をされる立場です。
それならこのような図書を購入したこと自体間違いであるとは思いませんか?
ことの原点にたちかえっていただき公の利益にならない悪書は廃棄していただくようお願いいたします。

なおわたしは以上の内容を松江市教育委員会総武部あてにメールしました。

クリックして頂けるとうれしいです。

人気ブログランキングへ


posted by woodhome at 10:50| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください