2019年08月06日

現憲法が有効ならGHQは憲法違反

憲法破棄というと大方の人にとっては過激な主張と聞こえるかも知れません。しかし、ごくごく常識的なことを言っているにすぎません。
憲法は最高法規と言われています。
憲法を作るということは従って、国家の統治についての最高規則を作ることです。

さて、現憲法は戦後日本が米国の統治下にあった昭和21年に成立しています。終戦の1年後、サンフランシスコ講和条約で日本が独立したのは昭和26年でその5年前。米国の日本占領統治の初期です。
この時間軸の中で、占領統治者をも含めてそれを律する最高法規を作るとはどういうことでしょうか?
もし憲法が有効なら、占領統治者の存在は無効(A)であり、占領統治者の存在が有効なら憲法は無効(B)です。
2つに1つしかありません。両方有効はあり得ません。なぜなら両方有効なら自己矛盾に陥るからです。
もし現憲法が有効であるなら、GHQは何の法的な根拠があってその後5年間日本を実質的に統治したのか?ということになります。
現憲法の中にGHQの統治について規定はありません。つまりGHQの統治は憲法違反ということになります。ところがGHQは憲法違反だという意見は、右からも左からも聞いたことがありません。
GHQの占領統治は事実ですからそんなバカなことをいう人はどこにもいません。

つまり歴史事実からすると結論はBでしかないのです。
占領統治下にあってはGHQが最高権力であり、それは憲法に書いてなくても有効なのです。憲法に書いていないGHQの統治が有効ということはすなわち現憲法は成立直後から無効ということです。
今安倍氏や自民党が言っている改憲とは現憲法の内容は維持し、新たに条文を追加するだけの改憲です。内容を改めることを改正と言います。内容を改めないでただ新しい条文を追加するだけでは憲法改正でもありません。これは改憲に名を借りた現憲法の追認です。
彼らの認識はAもBも有効だと言うのです。全くいい加減です。

憲法を破棄すべしとは、変えようのない歴史に従えば結論はBしかないと言っているすぎません。
現憲法は成立の時から無効だからまず捨てるます。捨てるまでに新憲法を用意する必要はありません。
憲法がなくなったら大変だと皆さんお考えのようです。
だから現憲法に問題あるならなぜ改正しないのか、という右派と言われる方々は主張します。彼らは憲法が禁止しているから例え侵略されても武力行使できないと言っている左派と同じように頭が固いです。
成文憲法などなくても何も困ることはありません。我々は憲法があってそのお陰で生きているわけでないのですから。
この世は法律順守だけしていれば生きていける社会ではありません。国と国との関係も同じです。
法律は考慮しますが、最善の結果になるように臨機応変に行動することが生きるためには求められます。国の行動や判断も同じです。

憲法の上位には自然法があり、更に建国2800年の日本には我々の意思に関係なく不文慣習法が既に存在しています。それは成文憲法より柔軟性がありより優れています。現実の法的問題の大半は個別法で解決されるので、憲法を破棄しても法秩序は混乱しません。
posted by woodhome at 13:34| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする