2019年07月25日

本邦初公開、シワを作らない簡単な襖の張り替え法

今回は本ブログのテーマと全く関係のない襖の張り替えについて書いてみたいと思います。
以下の襖の張り替え法は本邦初公開、おそらくこれまで誰もやったことのない方法です。ちょっと大袈裟かな。

私が今回選んだのは襖紙の裏側に切手と同しように乾いたのりが付いているタイプで、張る直前に水を含ませたスポンジで濡らしてのりを復活させるものです。
作業手順としては水で溶いたのりを刷毛で塗るのと同じです。本格的なやり方に近い方法です。
素人にとってはアイロンでのり付けするタイプが楽そうに見えます。それでこちらの方が普及しています。私は前回アイロンタイプを使ったことがありますが、結論から言うと切手タイプの襖紙をお勧めします。

ご存知のように襖の張り替えがうまくいくかどうかはひとえにシワをつくらずに貼れるどうかにかかっています。シワを作らないということは被接着面である本体と襖紙の間に空気層を入れない、ということでそこが襖の張り替えの急所です。
その点、障子の張り替えは、貼りつける面積が小さいのでシワを作らいことはさほど難しくはありません。しかし襖の張り替えは貼りつけ付ける面積がずっと大きいので難易度は各段に高くなります。
アイロンタイプの場合は加熱によって本体と襖紙を瞬時に接着するので仮にシワが出来たとしてもやり直しできません。
ですか切手タイプや刷毛塗りタイプはやり直しが効きます。のりが固まるまで少なくても数分の時間的な余裕があるからです。
それが切手タイプを推す主な理由です。

以下、実体験にそってお話します。
まず用意するものについて。
襖紙 切手タイプ
襖紙張り替え道具セット (端切取り用定規、空気抜き用刷毛、スポンジ、カッターなど一式で900円位でした)
物干し竿など 
食卓(襖を寝かせて作業する方が楽なため)
私も襖の張り替えを商売にしようなどという大それたことを考えていませんので襖の張り替えの指南書に従って作業をすすめ、その通りにまずまずに仕上がれば勿論それでよかったのです。
しかしうまくいきませんでした。シワを作らないで貼るのが難しいのです。
原因ははっきりしています。全面にのり付けした襖紙を貼りつけて空気抜き用の刷毛で中央から端に空気を追い出すようにならすのですが、その作業は端から順々にしかできません。するとその間にやっていないところがひっつき始めてしまうのです。ひっつき始めたところを剥がしてシワ伸ばしすると、既に刷毛でならした部分との間にシワができてしまったりします。
つまりアイロンタイプよりはマシなのですがやはりやり直しは難しいということです。とにかく全面のり付けされた状態から空気抜きをすすめるのが難しい。

さて、上の道具の中に物干し竿があるのを不思議に思われた方も多いと思います。しかしこの物干し竿こそ襖の張り替えの急所を押える秘密兵器になります。
指南書では襖紙にのりを付けその上に襖本体を被せる、そして本体ごと裏返しにして空気抜きをする、とあります。しかしこの方法では空気抜きをしている以外の部分にひっつきが始まってしまいます。うまくいきません。
ですのでこれを避けるには空気抜きしていない部分にひっつきが発生しない状態をつくれば良い、ということになります。
その状態をつくるのが物干し竿という訳です。

つまりこういうことです。
指南書とは逆に襖本体の上にのり付けした襖紙を被せます。ただし襖本体と襖紙が直接触れないように挿入材をかませます。その挿入材として最適なのが物干し竿です。
物干し竿は本体および襖紙と触れる面積が小さく(くっつきにくい)、また簡単に移動させられます(転がせる)。今回必要な数の物干し竿がなかったので足りないところは木材で代用しました。

このようにセットさえできれば後やることは決まっています。指南書どおり端から順番に中央から両端に向けて刷毛でなぞりながら貼りつけていくだけ。終わったら物干し竿を転がして順番に作業を進めます。

襖の張り替えをやってみようという方はお試しあれ。ただしうまくできるかどうかについては責任を持ちかねます。あくまで自己判断でお願いします。

fusuma2.jpgfusuma2.jpgfusuma2.jpg
上は挿入材である物干し竿と木材を間隔を開けて襖本体の上に並べたところ
fusuma2.jpgfusuma2.jpg
上はのり付けされた襖紙を本体の上に被せたところ
fusuma3.jpg
こんな感じで仕上がりました
posted by woodhome at 17:40| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年07月05日

財政健全化とは国の富を増やすなと言っているに等しい

政府債務を減らさないと日本経済は破滅する、と世に名の知られたほとんどの経済専門家や経済人が昔から言っています。数は減りましたが今でも多数派であることは変わりません。いわゆる財政健全派です。安倍政権もまた財政健全化を経済政策の柱の一つにして消費税の増税を行うと言うのですからあなたと同じようです。彼らは国の借金を減らさなければ円や日本国債は暴落する、あるいはスーパーインフレになると20年も30年も前から言っています。

ところが日本はデフレに陥りましたが彼らの言うような経済破産は一向に起こりません。それでも彼らは自説を曲げません。何もしなければ必ずそうなると未だに言っています。

彼らは学者としてまた職業人として誠実ではありません。もし現実が自説のようにならないなら自説が間違いではないかと疑うのが普通です。ところが彼らは現実が自説のようにならないのは現実が間違っているからだと言い張るのです。どうしょうもないですね。

経済繁栄する、経済が成長する、ということは人にとって有用なモノやサービスがより高品質に、より豊富になるということです。仮にそれらのモノやサービスを富と呼ぶます。富は人がいなければ存在しません。言いかえれば人にとって有用なものは全て富です。人は何から何まで自給できませんから足りない富を他人から得るために交換を必要とします。その必要性を満たすために国は通貨=カネを発行します。富が実体であり、カネは富に寄り添う影のようなものです。従って一国の経済政策の最優先事項は富を増やすことであって、間違っても財政健全化=カネを減らすことではありません。

例えば国が通貨を1憶円発行すると国の帳簿には借方現金1憶円、貸方発行銀行券1憶円と記録されます。財政健全派が言う国の借金とはこの発行銀行券の残高を意味します。なぜなら政府の国債債務が究極的にたどり着く先はこの複式簿記の貸方=負債勘定に記録された発行銀行券残高だからです。
返済の義務がある債務を借金と言います。しかしこの国の債務を返済する必要がありません。従って借金と呼ぶのは間違っています。国の債務の実体は発行銀行券の記録にすぎません。富が増えれば交換に必要なカネも増えます。経済成長=富の増加とカネの必要量=富の影は正比例します。
つまり日本の巨額な国の債務は日本経済が厖大であることを意味しているにすぎません。世界の他国を見てもしかりです。経済規模の大きい国の債務はどこも巨大です。経済規模と国の債務とは正比例するという必然の結果にすぎません。なぜこんなはっきりしている事実を彼らは否定するのでしょう。そう彼らの目にはそれは現実が間違っていると映るからです。

経済健全派の方でもさすがに国の借金をゼロにしろ、という人はいません。彼らも国の借金ゼロの国など世界で一国もないこと、あまりに現実離れしていることを知っているからです。しかし、借金を増やすなあるいは減らすべきだ、と言います。そう言われると今度は少しもっともらしく聞こえます。
しかしそれは国の借金をゼロにしろ言っているのと同じ位ばかげています。なぜなら国の借金を増やすな、減らせと言うのは国の富を増やすな、減らせと言っているに等しいからです。
posted by woodhome at 11:42| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年07月01日

自主独立の絶好機に反応しない安倍政権

先の大阪G20の直前トランプ大統領はFOXニュースのインンタビューに答えて日米安保の不公平に言及しました。
日米安保は軍事同盟なのですから、第三国からの攻撃に対してアメリカだけが相手国を守る義務がある片務条約であることは明らかであり、トランプ大統領は誰も否定できない事実を言ったにすぎません。

ここに皆さまならご承知のとおり、日米安保は日本を守るためのものではなくその核心は日本をアメリカの属国に永遠に置きとどめるためのものです。
そのために占領統治法たる現憲法を制定し、二度とアメリカに歯向かえないように日本から牙を抜いておきました。これはアメリカから見た場合その国益に合致するので米国政権の一貫した政策となっています。

従って日本の過去の政権がこうした戦後体制(戦後レジーム)に手を触れることが出来なかったことには酌量の余地があります。現実にアメリカを敵に回して政治生命を維持することは何人にも不可能だからです。
この状況はアメリカが世界のリーダーとして君臨するかぎり永久に続くものと思われていました。

ところが奇蹟のような事がおこりました。トランプ大統領の出現です。
トランプ大統領は日米安保について不満を口にしています。トランプ大統領の不満は日米安保が片務的であることです。大統領は相務的でなければならない、と言っています。
大統領の意に沿うには日本がアメリカを守るために強力な軍事力を保有する必要があります。
つまり日本は今はじめて戦後レジームのくびきが逃れられる絶好のチャンスを前にしています。

さて安倍氏の政権前のスローガンは「戦後レジームからの脱却」です。安倍氏の1回目の政権は短期で終了しました。そのとき私はアメリカに潰されたと思ったものです。つまり戦後レジームの脱却を掲げる政治家がアメリカの逆鱗に触れたと考えました。
ですから政権を取る2回目のチャンスが回ってきたとき私は安倍氏に大いに期待しました。
そして2回目の政権で「戦後レジームからの脱却」という旗印をあえて表に出さない理由も理解しているつもりでした。慎重にそのチャンスを伺っているものと見ていました。
ところがトランプ大統領になってからも旗印を実現するために動く気配が全く見えません。それどころが実際にはその逆の政策に熱心です。

トランプ大統領は就任直後からアメリカ、ファースト、そして他国もそのように行動することを願う、と公式にはっきり言っています。
つまりトランプ大統領就任のときから日本が戦後レジームから脱却する機会をアメリカから与えられていました。
そして今回トランプ大統領が日米安保破棄の検討、と伝えられるような更に踏み込んだ発言があっても日本政府は無反応です。
いえ無反応ではなく否定しています。
もし日本独立の目標を持つならば、大統領の発言に対して「大統領の発言を理解する、尊重する」と言って差し支えないはずです。

折角日本の自主独立を進めるチャンスが与えられているのに何もしない。
これはどうしたことでしょう。
事実だけを元にするならこう判断する以外にありません。
安倍氏には元々「戦後レジームの脱却」の信念はなかったのです。
ではなぜそのような旗印を掲げたのか?
日本の保守層の大きな票田を手に入れること以外動機がありません。
その結果、安倍氏の親リベラル親グローバリズム政策実現のために我々保守層の票田が利用される結果になっています。

安倍氏は本来親リベラル親グローバリズム政治家だったのです。
安倍氏が公明党との関係をいつまでも清算しないことや二階氏らを重用するのは安倍氏が反保守勢力を取り込むための戦略だと保守層は考えます。
しかし残念ながら事実は逆です。
事実は安倍氏と公明党や二階氏一派とは元々親和性がとても良いのです。
彼らの意に沿う政策を実現するために保守層は逆に取り込まれているのです。

なぜ取り込まれたかというと「戦後レジームからの脱却」と標語をはじめとした安倍氏の右翼的な発言です。ただ言葉だけなのですが。それを正直者の日本人は信じるのです。
実績でなく言葉により安倍氏は保守というイメージが出来上がり、保守政治家のやることなら大目に見るという、取り込まれに無抵抗な保守層に変わってしまったのです。
政治家の価値を選挙民が判断するとき実績を元にしなければなりません。政治家の言う言葉ほどあてにならないものはないのですから。
posted by woodhome at 16:04| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。