2018年12月05日

移民政策、白を黒と言って憚らない安倍首相

今国会で衆議院を通過しおそらく成立するであろう入管法の改正については自民党議員の9割は反対であると安藤裕議員はおしゃっています。安倍氏を支持する大多数の方々も反対だと思います。野党支持者を含めると国民の大多数が積極的にせよ消極的にせよ反対である法案が通ってしまう、不思議なことが起きつつあります。

さてこの改正には隠れた側面があり、実は現在の出入国管理を厳格化するものである、という主張がこの改正案を擁護する陣営から出て来ています。
つまり条文に出入国者に加えて在留者の管理という文言が新たに入ったことをもって在留者(在日?)に対する管理の厳格化であるとあると言うのです。
しかし在留者の文言の挿入は当たり前のことを言っているにすぎません。外国人の移住の管理とは入国と出国だけである筈はなくその間の在留を含めてワンセットです。
入手国管理には元々在留を含みます。条文に在留者の文言があろうとなかろうと。今回の条文はそのことを正確に文章化しただけにすぎません。
また出入国局が庁に格上げされることをもってこれも出入国管理の厳格化するに備えた組織改革だと言います。
しかしこれもまた外国人在留者が増えればその管理により大きな組織と権限が必要になるという当たり前のことでしかありません。
そのような主張や願望が現実化しないことは過去の事実によって証明できます。

安倍政権が入管法の改定するのは今回で2回目です。すでに前例があります。厚労省の次のデータをみれば何が起こるか事前に知ることができるのです。https://honkawa2.sakura.ne.jp/3820.html
1回目の入管法改正は2014年成立、2015年4月に施行されました。丁度4年前になります。主な内容は新たに「高度専門職」という名の新たな在留資格の創設です。
この法案によって何が起きたか?
上の外国人労働者の推移表を見れば一目瞭然です。
改正前年度である2014年の外国人労働者は78.8万人に対し、2017年のそれは127.9万人 年平均16万人増です。
改正前2年間(第2次安倍政権発足後2年間)の増加は10.6万人、年間5万人の増加だったので増加の勢いが3倍を超えていることがわかります。
因みに糞みそに言われている民主党政権3年間の年間平均増加は3万人です。これはそれ以前15年間の外国人労働者の年間平均増加数3万人と変わるところがありません。ひどいことになっていません。

ご承知のように安倍氏は「自分は移民政策をとらない」と公の場で繰り返し言明しています。今回の入管法の改正についてもこれは移民政策でない、移民政策をとらない公約に違反していないと強弁しています。
どこかの国と同じスタイルです。彼の国は白を黒と言って憚りません。
シナは全世界に対してこう言っています。シナは断固として保護主義から自由貿易守ると。実際には正反対のことをしています。
安倍氏も自分は移民政策をとらないと言っています。ところが実際は熱心に移民を増やしています。第2次安倍政権での移民増加数は歴代のどの政権より突出して大幅です。
世間でいう移民とは外国人労働者のことです。それを増やしていながら外国人材だから移民を増やしていない、という言い逃れは小学生にも通用しません。
自分の国のトップに言いたくないけれど、白を黒と言って憚らないのなら国民を舐めるなと言います。
国際的定義に従えば「移民とは1年以上国境を越えて居住地を変えること」(IOM 国際移住機関)ということです。
従って今回改正で新たに単純労働者を含む新たな在留資格を創設することは紛れもない移民政策なのです。
posted by woodhome at 14:11| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする