2017年01月24日

TPP脱退、トランプさん本当にありがとう

トランプ新大統領は公約どおり就任日にTPPからの脱退を宣言し、23日に正式に文書に署名しました。トランプ大統領はやることが早くブレません。

 多くの日本人は自由貿易の信奉者です。日本経済は自由貿易によってその最大の恩恵を受けていると信じています。特に日本人として先の大戦の起因となったブロック経済=戦争の道というトラウマがあります。従って保護主義はひどく嫌われています。ただ日本が戦争に追い込まれたのは貿易の保護主義化ではありません。石油の売り止めです。貿易の遮断。これでは日本は死ねと言われたようなものです。

保護主義につきものの関税とは要するに所場代です。相手国の市場にモノをうるときに相手国に払う所場代です。従って自由貿易と保護貿易との違いは所場代を払うか否かの違いであるといえます。つまり保護主義と自由貿易との違いはコストだけの問題です。自由に交易できることは変わりません。もし貿易相手国の2国が互いに同じ関税を設けた上で交易したとすればどうなるでしょう。両国は同じだけの関税収入を得るので両国政府の国庫は潤います。一方両国の事業者は同じだけの関税を払わなければなりません。

ここに自由貿易と保護貿易の違いが端的で現れています。つまりTPPなどの自由貿易協定の受益者は事業者であるということです。多国籍企業あるいは無国籍企業です。そして今日はっきりしているのはこれらグローバル企業が儲けた富がごく少数の人間に集中していることです。少数の権力者に権力が集中する共産主義と全く同じ構図です。
極めて不健全かつ危険な状態です。

自由貿易によってグローバル企業が利益を得、それが国の利益にも国民の利益にもならないのならこれに反対するというのがトランプさんの立場です。正論と言うべきです。彼は交易を否定しているのではありません。米国の市場でモノを売りたいなら売るのは自由だけど所場代を払え、と言っているにすぎません。

選択肢は自由貿易か保護貿易ではありません。フローバル企業が儲けるのが良いかそれとも国が儲けるのが良いかの選択肢です。これをグローバル企業だと答えるなら安倍さんあなたは愛国者ではありません。金持ちの代理人になってしまします。国の主権を半分制限するようなTPPはグローバル企業を利するだけ。国と国民のためになりません。日本もトランプ大統領によってほぼ救われそうです。本当にありがとう。

トランプ氏はTPPに代わる2国間のETAを個別に交渉するつもりのようです。彼が想定するETAでは相手国が約束を守らない場合は30日後失効の条件を付けるそうです。公正で合理性を好む人物であることがわかります。
posted by woodhome at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。