2016年11月11日

トランプ大統領は日本にとって吉報

11月8日に行われた大統領選挙はトランプ氏当選という結果になりました。
選挙の直前までヒラリー氏の優位は動かないとほとんど全てのメディアが予想していたのでやはり私もそう思わされていました。しかしそう信じ込まされていた人にとっては驚くべき結果となりました。やったねトランプ!と喝采をあげたい気持ちです。

 イギリスのEU離脱に続いて反TPPを唱えたトランプ氏が米大統領選に勝利したことでこれまでのグローバル主義に象徴される世界の動きが逆回転することが必至になってまいりました。実に喜ばしいことです。なぜなら自由貿易を隠れ蓑にするグローバリズムの行き着く先は富と権力の集中だからです。富の平等をスローガンにしてその行く着く先が権力集中である共産主義と同じです。権力の集中こそ彼らの狙いであり、彼らの狙いが成功すれば彼らの仲間以外の全てが不幸にさせられるのです。共産主義とグローバル主義はやり方を変えているだけです。彼らは共産主義という道具が役に立たなくなったのでグローバル主義という新手の道具に乗り換えているのです。

 先の大戦も共産主義との戦いであったと見ることができます。戦争を仕掛けた米大統領のルーズベルトは社会主義者であり政府の中枢も共産主義シンパに占められていました。中国の国民政府を援助して日本と戦わせ、互いを疲弊させ、結着が付くと蒋介石を捨て毛沢東を支援して中国に共産政府をつくりました。邪悪な共産主義者のやり口です。天皇陛下を戴く日本こそ共産主義に抵抗し、戦った世界で唯一の国です。先の大戦の日本に対する評価が将来再評価されていくのは確実です。反省どころか燦然と輝いています。

トランプ氏は大統領になれば選挙戦で言った通りのことをするとは限らないでしょう。政治には妥協が付き物ですから。しかしこれまでのアメリカの大統領と明らかに次元が違います。日本が費用負担しないなら米軍は引き上げる、日本が他国から攻撃されれば米国は助けなければならない。一方米国が攻撃された場合日本は助ける義務を負わない、おかしいじゃないか。日本に核武装発させてもよい。今までのどの大統領も口にしなかったことです。専門家と諸yする人々はこれらの発言をとらえてトランプは素人同然と断じています。しかし冷静に考えれば当たり前のことを言っているにすぎません。

このような当たり前のことを公然と言えるトランプ氏がアメリカ大統領になる。日本にとって大変好ましい状況が生まれる可能性があります。日本が戦後70余年して真に独立国となれるかも知れません。トランプ氏には日本の行動を必要以上に束縛し続けるという意図はないように見えます。

私は先の大戦は日本の敗戦ではなくアメリカが戦争のルールを破ったがためのアメリカの反則負け、もしくは日本の決断による終戦であると思っています。それでも千歩譲ってアメリカの言うように日本の敗戦であるとしましょう。しかし戦争とは政治的な権益の争いを解決する最終的な手段です。例外はありません。いえ唯一の例外が先の大戦と戦後の日米関係です。先の大戦は中国における権益の争いです。戦争により結着がつき争いの元になった権益およびそれ以上の莫大な権益を日本は放棄しました。それで終わりなのです。戦勝国はそれ以上敗戦国に対してあれこれする理由も権利もありません。トランプ氏はそのことを解ってくれそうな初めての大統領になってくれることを期待しています。
posted by woodhome at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする