2016年02月09日

アメリカ以外全て沈没という驚愕のシナリオ

今朝ネットを開くと上の見出しが目に入りました。他にやることがあった筈ですが「驚愕のシナリオ」につられてこの記事の方に入ってしまいました。
この記事は「地政学で読む世界の覇権2030」という元アメリカCIAの幹部の方が書いた本で、その本を売るためさわりを紹介しているものです。しかしかなり詳しく書いてありこれでは中身がわかってしまうので買う人がいなくなるのでは、と心配になる程です。

実際の本の全文の趣旨は違うのかも知れません。しかしこのさわりは「アメリカ以外全て沈没」ではなくて世界の主要国の中で際立つ日本の凄さを熱心に説いているよう受け取れます。笑ってしまいました。4P~5Pでその理由を列挙しています。特に2番目の理由は「日本の借金は世界最悪」という日本のエコノミストが繰り返すデマのようなお題目を吹き飛ばすに充分だと思います。その部分のみ引用させていただきます。

引用始まり
主要国の間では唯一のケースだが、日本の借金はほぼ完全に国内にとどまっている。したがってこれにどう対処するかは国際金融の問題ではなく、内政問題なのだ。日本の銀行、金融当局や企業、あるいは有権者に対して外部からは誰も指図できない。
引用終わり

ご興味のある方は下のURLからご覧ください。
http://toyokeizai.net/articles/-/103517
posted by woodhome at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。