2015年10月31日

我流すき焼き一人鍋

本ブログのテーマと全く関係のないお話しです。連れ合いが留守することもあって最近よく自炊します。一人でお酒を楽しみながら食事しようという時、私は大抵鍋にします。鍋なら材料を切り刻むだけ。あとは食べながら調理できるのでとても便利です。後片づけも食器の数が少ないので楽です。
 
その日は牛しゃぶかすき焼きにしようと思いました。そういう時、どちらかというとしゃぶしゃぶにすることが多いです。しゃぶしゃぶは油が付かないので片づけが楽だからです。なぜ油が付くかというと私はテリヤキ風にして食べるのが好きだからです。つまり関西風です。熱した鍋に油を溶かし砂糖をまぶして肉を投入し、醤油をかけて味を調えます。前半は肉だけをテリヤキにして食べます。野菜や豆腐はその後食べます。後半は割り下を使う関東風と結果は同じになります。

後半では適当に水を補給すれば焦げることはありません。ですから関東風にだと片づけは楽だと思います。しかし問題は前半です。いくら油を充分に敷いても直に熱せられた砂糖と醤油は必ず焦げます。また少し焦げたぐらいが私の好みです。少し焦げた匂いは香ばしくで食欲をそそります。ですからいつものやり方だと必ず鍋に焦げが付くのです。そして鍋にこびりついた焦げを落とすのに苦労します。

鍋に焦げがこびり付かないようテリヤキする方法はないでしょうか? よくレシピには「焦がさないように焼く」とあります。それは答えになっていませんね。で我流の調理法をひねり出しました。あっけない程簡単な方法です。アルミホイールがありますね。あれを適当な大きさにカットして鍋の底に敷くのです。つまり鍋本体の表面に薄い層を作るのです。そしてこのアルミの薄い層の上でテリヤキをします。テリヤキが終わったら焦げ跡のあるアルミ箔は箸でつまんで取り除きます。鍋は全く汚れません。そして後半は関東風にいただきます。自分だけなら見栄えは関係ありません。人を呼んでこの方法は使えないかもしれませんが一人鍋ならおすすめです。ご興味あればお試しあれ。
posted by woodhome at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。