2015年10月27日

再審決定の女子焼死事件、真相は?

この2、3日大阪の女子焼死事件の再審関係のニュースでもちきりです。
2人の受刑者は時の人となり、世間から同情が集まっているようです。悪いのは警察だ、検察だ、受刑者は被害者だ、悲劇の主人公だ、という空気です。これもマスコミの偏った情報操作のように見えます。なぜならマスコミは下記したようなはっきりした状況証拠について何も触れていないからです。私でも簡単にネットで知りえた情報をマスコミが報道しないのは意図的としか考えられません。私が普段愛読している産経抄でも同じなのでがっかりしました(本日朝刊)。いったい司法関係者やマスコミの方々は揃いも揃って何を考えているのでしょう。

この事件はもう30年以上も前のある事件を連想させます。三浦和義、ロス疑惑事件です。何人もの妻と結婚し、その都度保険金目的の殺人未遂事件を起こし、最後の妻をロスアンジェルスで殺害した疑いがかけられた事件です。状況証拠は100%、彼が犯人であること示しています。しかし物的証拠がありません。そのため殺人犯人としては結局有罪にできなかった事件です。しかし30年経って彼が犯人であることを疑う人はいません。この事件を司法関係者はどう教訓として学んでいるのでしょう。

今回も状況はそっくりです。状況証拠は有罪、ただ物的証拠がないというケースです。下記が状況証拠です。
➀ 子供の母である青木受刑者ぶは数百万の借金がある。
② カネに困っているのに小学6年の女の子に死亡保険金1500万円の保険をかけていた。
③ 共犯とみなされている朴受刑者は妻の連れ子の小6の女の子を強姦していた。
以上は紛れもない事実です。

現在の裁判所はは物的証拠に比重を置くあまり状況証拠を軽視します。しかし動機のない犯罪はありません。不自然な行動には隠れた目的があります。また人物の性向と犯罪者との間には密接な関係があります。状況証拠は物的証拠と同じように犯罪の真相を究める決め手になります。であるのに今の裁判所は物的証拠がないただだけで無罪にするなどあまりに思考が硬直的かつ粗雑です。

 私はの事件を良く知っているわけでありません。が受刑者の無期刑は相当であると思っています。
おかしいではないですか? なぜ栓をしていないぐらいで注油口からガソリンが外に溢れるのか?(弁護人側説明ではタンク内の圧力によりガソリンが外に溢れる例があるそうです。しかしそれはエンジンを回した状態です。エンジンが静止した状態でどうしてガソリンが外に溢れるのでしょう?あり得ないです。物理法則では液体は下から上に流れません)
おかしいではないですか?なぜ火災が起きたとき女の子は浴室から逃げなかったのでしょう? 火災は建物の外部で発生したのです。火が回るまで短くとも若干の猶予があります。浴室のドアを開けて逃げるのに1秒もかかりません。なぜ浴室でそのまま焼け死んだのでしょう。

それではいい子でない迷探偵が事件の真相を推理します。あくまで推理です。上の矛盾を発生させずに事件を起こすための条件みたいなものです。
➀ 女の子は何がしかの理由により火災発生前にすでに動ける状態ではなかった。気を失われさせられていた。
② 大型の紙コップないし類似の容器(燃えればなくなるもの)にガソリンを入れる。
③ ガソリンを入れた容器を給湯器の種火の近くに置く。そして自然発火を待つ。
posted by woodhome at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする