2015年09月29日

年金財政の誤解へ誘導する厚労省の年金試算

今朝、昨日厚生労働省が発表した年金の世代間格差についての情報を一斉に報じています。私はNHKのニュースで聞きました。
メディアはほとんど同じ内容を伝えています。ここでは読売新聞の記事を引用します。
以下引用
厚生労働省は28日、公的年金の世代間格差に関する試算を発表した。 支払った保険料に対し、生涯でいくらの年金を受け取れるのかを倍率で示したもので、会社員が入る厚生年金では、70歳の世帯が保険料の5・2倍の年金を受け取るのに対し、30歳以下の世帯は2・3倍にとどまった。格差が、依然として大きいことが浮き彫りとなった。
 年金額などは経済成長によって左右されるが、「標準的」な成長のケースでみると、70歳(1945年生まれ)の世帯は、保険料を計1000万円支払うのに対し、計5200万円の年金を受け取ることができる。一方、30歳(85年生まれ)の世帯の場合は、支払う保険料は計2900万円で、受け取る年金は計6800万円にとどまる。倍率は、年齢が下がるにつれて低くなった。
 前回試算(2010年)では、45年生まれの世帯の倍率は4・7倍で、今回の5・2倍よりも低かった。ところが、85年生まれは、前回も今回も2・3倍で変わらなかった。前回試算からの5年間で、世代間格差が広がったといえる。
以上で引用終わり

ニュースを聞いてすぐにこの数字はおかしい、と感じました。
厚労省の試算を聞いて、こう思う方もいらっしゃるでしょう。
払った額に対して受取は2.3倍か?そりゃ国に巨額な税金が必要になるわけだ。
それは早とちりだと思います。以下その理由を述べますが、詳しく調べようとして厚労省のHPにあたりましたが見つかりません。試算の前提条件を知りたかったのですがわかりません。深く調べられるを意図的に避けているのでないかと勘繰りたくなります。なぜなら試算には前提条件が付きものでそれを解るようにしておいてくれなければ正しく理解できないからです。

現在70歳のケースで、支払額に対するインフレはおそらく考慮されていないと思われます。保険料の支払額とは実際に払っ額と思われます。そこに問題があります。支払実額の1000万円を現在価値に換算しなければ受け取り額(現在価値)との比較計算はそもそもできません。比較するのは不適切です。なぜなら支払保険料の現在価値が2000万円なら倍率は一挙に5.2倍から2.6倍に低下してしまうからです。

一方現在30歳のケースで支払保険料が2,900万とはどういうことでしょう。現在の厚生年金の保険料は標準報酬額に対して合計17.474%と決まっています。本人はこの半分ですから本人の支払保険料が22歳から65歳まで43年間で2900万になるためには毎月2900÷43年÷14(12か月+賞与年間2か月)=
約4.8万円(毎月の支払保険料)となります。
この保険料に対する月の標準報酬は56万円となります。かなりの高収入な方のケースになりますね。
インフレを考慮しない場合、60歳~64歳の特別支給年金と65歳~84歳(H26年の日本人の平均寿命)の満額年金を合わせた年金受取額は基礎年金1,560万円+報酬部分4,120万で総額5,680万となります。基礎年金は65歳~84歳まで20年間、H27年支給額78×20=1,560。報酬部分は(60歳~64歳まで5年間)平均報酬額56万円×5.769/1000×1.031×0.981×38年×12か月×5年間+(65歳~84歳20年間)56万円×5.769/1000×1.031×0.981×43年×12か月×20年間=4,120万円です。
倍率は5,680÷2,900=1.959倍となります。

さて、支払額と給付額のこの差額は誰が埋めているのでしょう?
国庫ではありません。
この差額は使用者である会社が埋めています。国ではありません。
会社が埋めていますが会社は当然のことながら保険料の会社負担分を含めて本人の給与を払っています。つまり労働の対価として保険料を払っています。つまり保険料の会社負担分を含めて本人が払っているともいえます。
すると
30歳の上記の例では本人(会社負担を含めて)の保険料支払額5,890万円に対し受取額5,680万円となります。倍率は?
0.9644
支払超過となります。
上記はインフレを計算外としました。実際は当然違ってくるでしょう。しかしインフレと運用益である金利は正の比例関係にあります。インフレというコストアップ要因があってもそのコストをカバーする運用益が必ず発生します(適切に管理されれば)。両者は相殺されますから計算として大きな狂いは出ない筈です。

財務省や厚労省は口を開けばこのままでは年金財政が破綻する、と我々国民をことあるごとに脅します。我々に勘違いを起こさせるためにこのような試算をことあるごとに発表します。しかし、彼らに騙されないようにしましょう。騙されないのはとても簡単なことです。支払保険料は法律によって決まっています。受取額も決まっていまっています。あとは自分で計算してみて下さい。ここで私の言っていることが間違えているのなら計算のどの部分が違うのかどうかご指摘いただきたいと思います。

posted by woodhome at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする