2015年09月05日

抗日戦勝パレードで大発見

9月3日の抗日戦勝パレードは中国が嘘で固められた国家であることを改めて我々の目の前で見せてくれました。
もしまだあなたが親中派で中共との関係は重要で相互理解が必要だ、というようなお考えをお持ちなら今回のパレードについての次のようなとても簡単な質問に答えていただきたい。理路整然と質問に答えることができますか?
もしできるのなら是非その答えを聞いてみたいと思います。そうでないなら、今からでも遅くないです。目を覚ましてください。

事実にもとづくとても素朴な質問です。
1. 「抗日戦勝パレード」なのになぜ「特定の国を対象としたものではない」のですか?
2. 日本と交戦していない中共がなぜ日本に勝利できるのですか?
3. 日本と交戦していないロシア=ソ連がなぜ日本に勝利できるのですか?
4. 対日戦勝国が1国も参加していないのになぜ「抗日戦勝パレード」なのですか?

明らかなことは中共という国家の体質です。その体質は同じ穴のむじなのロシア、韓国に共通しています。彼の国の言うことすることは1から10まで嘘八百です。例えばこの3国は正しい歴史を捻じ曲げてはならないなどと言っています。これは抗日と言いながら特定の国を対象としていない、と同じ論法です。ああやっとわかりました。彼の国では言っていることの逆が真なのです。すると韓国の「慰安婦は性奴隷であった」は「慰安婦は性奴隷ではなかった」
になり、中共の「南京大虐殺はあった」は「南京大虐殺はなかった」になり、ロシアの「領土拡大しない」は「領土拡大する」が真になります。どうですか?すべてに辻褄が合ってきます。「抗日戦勝パレード」で大発見です。えっ?そんなこと100年前に知っていた? これは失礼。
posted by woodhome at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする